1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話

泣ける話

泣ける話の定番のカテゴリです。この話はかなりの確率で涙腺崩壊します。泣ける話をお楽しみください。

カテゴリ一覧

no image

精子提供の悲しい話

人生を前向きに歩めるよう、生い立ちや気持ちを支援者と共に整理する「ライフストーリーワーク(LSW)」と呼ばれるプログラムがある…児童養護施設などで暮らす子のために開発されたが、第三者からの精子や卵子提 ...

no image

インドネシア建国の神話です。

2020/10/19   -泣ける話
 

戦争の泣ける話です。 1602年、オランダはジャワ島に東インド会社を設立し、植民地経営を始めました… 首都のジャヤカルタはバタヴィアに改称され、以降350年間に渡って、オランダは東ティモール以外の領土 ...

no image

血の繋がっていない1人娘の結婚式の泣ける話

2020/10/08   -泣ける話
 

土曜日、1人娘の結婚式だったんさ… 出会った当時のおれは25歳、嫁は33歳、娘は13歳… まあ、要するに嫁の連れ子だったんだけど… 娘も大きかったから、多少ギクシャクしながらも数年が過ぎた… 子供は敢 ...

no image

レミオロメンの「3月9日」という曲が流れる度に、私は泣きそう

2020/10/07   -泣ける話
 

私はレミオロメンの「3月9日」という曲が流れる度に、私は泣きそうになります… 両親は、私が10歳の時に事故死しました… あの日は家族旅行に行っていました… 帰り道、高速道路を走っていると、大型トラック ...

no image

お母さんを守る子供の泣ける話

2020/10/03   -泣ける話
 

昔は JR大久保駅(兵庫県)から通勤していたのですが、週2日は午前10時までに舞子に着けば良い時期がありました… 朝はゆっくりできるし、電車は空いていて快適でした… ホームへの階段を降りてすぐの所にベ ...

no image

天国へ旅立ったおじいちゃんへ

2020/10/03   -泣ける話
 

大好きだったおじいちゃんの話になります。 大正生まれのおじいちゃんは、妻であるおばあちゃんが認知症になってもたった一人で介護をし、おばあちゃんが亡くなって暫くは一人で暮らしていた… 私が12歳の時に、 ...

no image

ごーちゃんの泣ける話

2019/01/11   -泣ける話
 ,

お母さんが24歳、お父さんが26歳、私が6歳の時に両親は離婚した… お母さんが若くして妊娠し、生まれた私は望まれて生を受けた訳ではなかった… お母さんは別の男を作り、お父さんは別の女を作り、両親は裁判 ...

no image

友達の娘の結婚式に出席した泣ける話

2018/12/05   -泣ける話
 

この間、友達の娘の結婚式に出席した... 私と友達は高校からの友達で、かれこれ30年以上の付き合いで、その娘の事も知っている... その子の結婚式という事で電話が来て出席する事にしたんだ... しかし ...

no image

敬礼

敬礼・・・。 2年前、旅行先での駐屯地祭での事.... 例によって変な団体が来て、わたしは嫌な気分になっていた.... するとその集団に向かって、一人の女子高生とおぼしき女の子が向かって行く.... ...

no image

兄ちゃん失格の泣ける話

2018/11/19   -泣ける話
 

兄ちゃん失格の泣ける話です。 私はつい・・・。大好きな妹に 「うるさい!あっち行ってろ!」 と言ってしまった。こんな悲しい話はないくらい・・・。 それが妹と話した最後の言葉になった... 私の家は所謂 ...

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2020 All Rights Reserved.