1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話




家族

お母さんとお父さんとの最後の誕生日会 悲しい話

投稿日:




私が23歳の頃、就職1年目の冬、私の誕生日の日のこと…

職場の人たちが「誕生パーティーをしてあげる!」というので、

家に、「今日は遅くなるよ…ご飯いらないから…」と電話を入れたら、

お父さんが「今日はみなさんに断って、早く帰ってきなさい…」と言う…

「だってもう会場とってもらったみたいだし、悪いから行く…」と私が言うと、

いつもは温厚なお父さんが、「とにかく今日は帰ってきなさい、誕生日の用意もしてあるから…」とねばる…

「??」と思いながら、職場のみんなに詫びを入れて帰宅した…

家にはその春から肋膜炎で療養中のお母さんと、電話に出たお父さん…

食卓にはスーパーで売ってるような鶏肉のもも肉のローストしたみたいなやつとショートケーキ3つ…

「なんでわざわざ帰らせたの!私だってみんなの手前、申し訳なかったよ!」

と言ってしまった…

お父さんは何か言ったと思うが、覚えていない…

お母さんが、「ごめんね…明日でもよかったね…」と涙ぐんだ…

私は言い過ぎたな、と思った…

でもあやまれず、もくもくと冷えた鶏肉とケーキを食べて部屋に戻った…

その2ヶ月後、お母さんの容態が急変し入院した…

仕事帰りに病院に行くと、お父さんがいた…

廊下の隅で、

「実はお母さんさんは春からガンの末期だとわかっていたんだよ…隠していてごめんね…」

とつぶやいた…

呆然として家に帰ったあと、お母さんの部屋の引き出しの日記を読んだ…

あの誕生日の日のページに

「○子に迷惑をかけてしまった…」とあった…

ワーッと声を出して泣いた…

何時間も「ごめんね…」といいながら泣いた…

夜が明ける頃には涙が出なくなった…

すごい耳鳴りがした…

4,5日してお母さんは死んだ…

仕事をやめて、看病していたお父さんも数年前に死んだ…

お父さんが準備したささやかな誕生日パーティーをどうして感謝できなかったのか…

お母さんにとっては最後だったのに、、、…

お父さんも数年後に死んだ…

こんな情けない自分でも、がんばって生きている…




おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-家族
-, , ,

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2022 All Rights Reserved.