1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話

泣ける話

レミオロメンの「3月9日」という曲が流れる度に、私は泣きそう

投稿日:




私はレミオロメンの「3月9日」という曲が流れる度に、私は泣きそうになります…

両親は、私が10歳の時に事故死しました…

あの日は家族旅行に行っていました…

帰り道、高速道路を走っていると、大型トラックがスリップしてぶつかって来て、私達の車は中央分離帯にガリガリと押し付けられました…

私は気を失っていて、気が付くと病院でした…

目が覚めたのに、何故お父さんとお母さんに会えないのか分かりませんでした…

暫くして、目を真っ赤にした祖母が入って来た時、小さいながら全てを悟りました…会えない状況にあるのだと…

父と母は重症を負っていて、喋るのもやっとで、顔は原型を留めていませんでした…

そんな自分達に、私を会わせたくなかったのでしょう…

一週間ほど経ち、両親はほぼ同じ時刻に息を引き取りました…

私は最後まで、大人の事情で会うことが出来ませんでした…

お葬式には、沢山の人が居ました…

みんな揃って泣いていました…

私は終始泣きませんでした…いいえ、泣けなかった…

そんな私を見て、親戚の人達は私を「頭がおかしいんじゃないのか?」などと言いました…

空っぽな家に帰った時『ああ、一人なんだ』と実感しました…

その夜、祖母が私に二人の携帯電話を差し出してきました…

ボイスメモのアプリを開いて、私は一つの項目をタップして聴き始めました…

1時間くらい、何度も何度も聴きました…

紛れもなく両親の声でした…

かすれた声で絞り出すように吹き込まれていました…

「れい?、元気ですか?

お父さんもお母さんも、れいを置いて行く訳じゃないよ…

けど、居なくなっちゃってごめんね…

お父さんもお母さんも、れいが大好きです…

だから最後にれいをぎゅーってしたかったなぁ…

これからは、れいをぎゅーってしてあげる事が出来ません…

れいが泣いている時、慰めてあげることもね…

でもね、これだけは覚えておいて…

貴方は、私達の娘です…

貴方の笑った顔が大好きです…

だから、どんなに辛くても、笑ってね…

お母さん達は、ずっとずーっと大好きです…

私達の娘に産まれてきてくれて、ありがとね」

私は、泣きませんでした…

笑いました…

ありがとう!

そう叫びました…

その時に誤って Apple Musicを開いてしまいました…

すると勝手にレミオロメンの「3月9日」が流れ始めました…

「3月9日」は、事故の時も聴いていた、二人が大好きな曲です…

その曲を聞いた途端、とめどない涙が溢れてきました…

うずくまって声を上げて泣きました…

今でも泣きそうになるけど、私は強くなったよ…

ありがと…

これからも大好きです…




おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-泣ける話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2020 All Rights Reserved.