1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話

家族

逢いたい気持ち

投稿日:




私が4歳の時、お父さんとお母さんは離婚した…

当時はお父さん方のおじいちゃんお母さんと同居していたため、お父さんが私を引き取った…

お母さんは出て行く日に私を実家に連れて行った…

家具や荷物がいっぱい置いてあって、叔お母さんの結婚の時と同じだったので、

「わあ、嫁入り道具みたいだねー」

と嬉しそうに言ったのを覚えている…

家に戻るとお母さんはドアの所で

「おばあちゃん家にまた行かなきゃいけないの」

そう言った…

「いつ帰って来るの?」

と聞くと困った顔をして少し黙り、

「日曜日かな?」

と答えた…

その言葉を疑いもせず、私は笑顔で手を振って送り出した…

日曜日がいつかも知らなかった…

それから私は祖お母さんに日曜日がいつかを聞いては、玄関で待つ日々が続いた…

何回か繰り返したある日、お母さん以外の家族全員が揃う夕食の時間に私は聞いてみた…

「あのね、ママが帰って来る日曜日って、いつだか知ってる?」

食卓が凍りついた…

それまでの笑顔が消え失せて、皆が押し黙って目を伏せた…

「私、うっかり聞くのを忘れちゃったのよー」

と笑いかけたが、誰一人笑ってはくれなかった…

それ以来、私はママの話は絶対にしないようにして、もう30年が経つ…

結婚式にも呼ぼうとはしなかった…

今では1歳の娘と5歳の息子がいる…

先日、5歳の息子が

「ねえ、妹と僕を産んだのはおお母さんさんだよね?」

と聞いてきた…

「パパを産んだのは、ばあばだよね? ママを産んだのは誰?」

「おばあちゃんよ、でもどこにいるか分かんないから会えないのよ」

「僕、会いたいなあ」

「どうして?」

そこまでは平気な受け答えだった…

「ママを産んでくれてありがとうって言わなきゃ!」

『うん、会いたいねぇ』と言うはずだったのに、涙が止らなくなってしまった…

ずっとずっと封印してきた言葉…

育てられないなら産まなきゃいいのにって思ったこともあった…

ありがとう、息子…

私はやっと素直になれそうだ…




おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-家族
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2020 All Rights Reserved.