1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話




泣ける話

お子様ランチ

投稿日:




ある4人家族がいました。
30代の夫婦と2人の兄弟。1人は10歳、1人は8歳でした。

ごく平凡な家族なのですが、
10歳のお兄ちゃんは重度の食物アレルギーを持っていて、
食べ物も好きに食べられないという状態でした。

そんなある日、弟が学校でいじめられて帰ってきました。

母親は驚いて理由を聞くと

「僕だけファミレスに行ったことがないからって仲間外れにされた」

と弟は言いました。

実はお兄ちゃんの食物アレルギーのため、
弟はファミレスどころか、外食もしたことがない、
という状況でした。

それを聞いてショックを受けた母親は、
父親と相談して、弟を1度ファミレスに連れて行くことに決めました。

そして、ある日家族4人でファミレスに行き、席に着きました。

すぐに店員が注文を取りにきました。母親は店員に、

「日替わりランチ2つとお子様ランチを1つ下さい。」

と頼みました。

すると店員は、

「お子様ランチ1つですか?」

と尋ねました。
母親は

「はい、1つでお願いします。
下の子がファミレスに行ったことがないとクラスでからかわれてしまって…。
一度ぐらい連れてきてあげてもいいんじゃないかって思って連れてきたんです。

と言うのも、上の子が食物アレルギーで食べるものも制限されているんです…。
それでも子供たちにはできるだけ不自由な思いはさせたくないと思って連れてきました。

さらに失礼なお願いなのですが、上の子には家から持ってきた、
これをここで食べさせてもかまわないでしょうか?」

と、母親はかばんから食材の入ったタッパーを取り出しました。

当然ファミレスに食べ物を持ち込むということは、
食中毒などの店側の衛生管理上の問題により、
本当はダメだということは母親にもわかっていました。

ここで断られたらどうしようかと、母親はひそかに思っていたのです。

店員は、

「そうですか…。」

というと、

「私にそのタッパーを渡してください。」

と母親に言いました。母親は、

「えっ」

スポンサーリンク


と思い、やっぱりダメか…、と落胆しながら店員にタッパーを渡しました。

しばらくして両親が頼んだ日替わりランチと、
国旗が付いている弟のお子様ランチが出てきました。

弟は喜んでいますが、両親は素直に喜べませんでした。

ですが、次の瞬間、もうひとつの料理が出てきたのです。

それはまぎれも無く、あのタッパーの中の料理でした。
綺麗に盛り付けされ、真ん中には国旗が付いています。

「はい、これがお兄ちゃんのお子様ランチだよ。」

その店員の思いがけない言葉と嬉しそうに喜んでいる兄弟の姿を見て、
両親は涙が止まりませんでした。

スポンサーリンク



最愛の娘が嫁にいった感動する話
18日しか生きれなかった娘の悲しい話




おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-泣ける話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2021 All Rights Reserved.