1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話




家族

1995年1月16日に戻りたい...

投稿日:




1995年1月16日に戻りたい...
当時21のわたしと知子(ともこ)はその日ちょっとしたことで喧嘩をしてしまった...
明らかにわたしが悪い理由で...
普段なら隣同士で寝るのにさ・・・・。
この日はひとつの部屋で少し離れて寝た...

スポンサーリンク


17日の朝、大きな揺れがあった...
これが恐怖の始まりでした・・・。
あまりに大きな揺れにあわてている間に、すごい音と共に屋根などが崩れてきた...
運良くわたしも知子も無事だった...
しかしお互いを確認するのは声だけだった...
2人の間には大きな瓦礫の壁があったんです...

わたしは窓の近い側だったので、隣近所の方が瓦礫を少しどけてくれて、自力で出ることができた...
わたしは知子を助けるために、近所の方と合わせて4人で瓦礫をどけようと必死だった...
知子は、『真っ暗で怖いけど、わたしは大丈夫だから』と叫んでいた...

1時間か2時間か、時計もなく分からなかったが、ある程度作業が進んだ...
これなら助かると思った...
しかしそのとき周りの人が『隣の家から火の手が上がっている』と言った...
隣の家はこちらに傾いていたんだ...

危険だと周りは言った...
皆、ピッチを上げて作業をした...しかしそのとき、隣の家が崩れてきたんだ...

わたしも周りも、その場から反射的に離れた...そう、見捨ててしまったんだ...

どのくらいその場にいたのか分からないんだ
ずっとその場にへたり込んで座っていた...
『消防はどうして来てくれなかったんだ』『神はどうしてこのようなことをするのか』
『瓦礫をどけはじめたときにもっとうまくやっていれば、助かったんじゃないのか』
『見捨ててしまった・・・・・・・・・』『どうして自分も死ななかったのか』

こんな言葉が頭をずっとめぐっていた...
周りは『しょうがなかったんだ』と言った...気に病むな・・・と、、、...
そんなこと、できるはずがないことは周りも分かっていただろう...
わたしはその言葉を聞いてから、ずっと泣いていたさ.

後日、瓦礫の山から ともこの骨だけが見つかった...

たった1.5メートルの距離の差だった...
たった1.5メートルの距離の差が『1番大切な人』を失う距離だった...

16日に喧嘩したことが、素直でなかったわたしが、
最も失ってはならない『大切な人』を失う結果にしたのだ...

喧嘩をしていなければ、二人とも助かったかもしれない...
そうでなかったとしても、知子をひとりにすることはなかった...
そして、見捨てることも・・・・...

わたしは1995年1月16日に戻りたい...そして君と一緒にいたい...

経験をしていない人にとっては分からないことだと思う...
しかしそれはしょうがないことだとも思う...
ただ、これから1月17日に阪神大震災の話題が出たときに
いまさら・・・、とは言ってほしくない...
そういったことがあったことを知っておいてほしい...

そして今恋愛をしている人に...
あなたは大切な人を手放さないで下さい...

今すぐにでも謝れることなら、すぐに謝ってください...
後から後悔しても、すべて戻ってこないのですから...

スポンサーリンク


自衛隊への感謝
地震の怖さ




おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-家族
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2021 All Rights Reserved.