1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話

家族

ありがとうね

投稿日:




私には子供が2人いる母親です。でも本当は、私は3人の子持ちなんです。

私が18歳の春に娘が生まれたんです。
結婚してくれると言った男性は、結局認知すらしてくれなかった。
若い私にとって未婚のシングルマザーは大変な役割だったんですが何で産んだんだろう、どうして子育てなんかしてるんだろう・・・。そんな格闘の毎日だったんです。

スポンサーリンク


それでも、娘はすくすくと成長してくれたんです。
初めて書いてくれた私の顔、赤いランドセルなど。
それは秋の日の突然の出来事だったんです。

前夜、やけに娘がべたべたしてきた。
大して寒くない日なのに、寒い寒いと言ってきた娘。
熱を測っても熱はないんです。早く寝なさいと添い寝した。

「ママ、ありがとう。ママ、大好きだよと」
娘は私に抱きついたまま眠りに落ちたんですが。
やっと開放されたなと、正直私はホッとした。
少しテレビを見て、私も娘の横で寝ました。

翌朝、娘は目を覚まさなかった。

起こしても起こしても目を開けなかった。そして冷たくなっている。。。。
解剖して事情聴取。
事件性なしと判断され、原因不明の突発的な心臓発作と説明されました。

私は火葬場では、焼かないでくれと棺にすがりついたんです。

娘の焼却炉の前で、半狂乱で泣き喚いたんです。

小さな骨が娘のものだとは到底思えなかった。むしろ夢であってほしい・・・・。

突然の独身貴族な生活。突然与えられた年相応の自由。

だけど価値観はまるで違っていた。

私はそのうち笑うようになり、だけど夜になると涙もこぼす。

しかも小学生を見ると辛かった。

だけど、親と言うのは勝手なものだ。

娘の死から2年で結婚し、去年3人目の娘を産んだんです。

そんな私は幼稚園児と赤ん坊の育児にへこたれそうになる。

そんなときあの子がいてくれれば、今頃話し相手になってくれただろうと、今頃何歳になってるはずだとこの頃毎日考えるんです。

あの子がいなかったら、こんなにも娘たちを愛せなかったと思う。

あの子がいなかったら、子供がこんなにこんなに大切と思えなかっただろう。

あの子が死ななかったら、私はもっと自分勝手な親だったろう。

私はあなたがいなくなって寂しいよ。今でも寂しいよ。

毎日毎日辛くて辛くて・・・・・。

スポンサーリンク




おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-家族
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2021 All Rights Reserved.