1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話




動物

【海外競馬の泣ける話】ケンタッキーダービーを無敗で制したバーバロ

投稿日:




5月20日のプリークネスステークス(GⅠ)で
右後肢を骨折し入院生活を送っていました骨折片(こっせつへん)は20ほどあったといいます

本来であれば間違いなくその場で安楽死処置がとられた状況で
オーナーは手術して助ける選択をしました
それは現代の獣医療の可能性に挑戦するものでもありました

手術はペンシルバニア大学のニューボルトンセンターで行われました
執刀はDr.リチャードソン
手術は5時間を越えました.
ボルトは27本入っています

Dr.リチャードソンは術後の会見で述べました
「 助かる可能性はコイントス(=五分五分)だ 」
彼の闘病生活を見守っていました

順調だった中
懸念されていた反対側の肢に蹄葉炎を発症しました
何度も全身麻酔で手術し、そのたびに彼は克服してきました
しかし今週月曜、蹄葉炎は前肢にも発症したのです
Dr.リチャードソンは言いました
「 このような肢に体重は重すぎる そして治療の道はとても長い
  これ以上彼を苦しめることはできない 」 

現地時間の29日午前10時30分
バーバロに
安楽死処置がとられました

奇跡は起こらなかったのです

この事実は獣医界にとっても
残念なことでした
確かに難しい症例
でも
テンポイントから
29年
まだ
我々獣医師は
このような症例を助けることができない・・・

Dr.リチャードソンはじめスタッフ、そしてオーナー
どんなに悲しく悔しい思いをしているでしょう
勇者バーバロ
心より哀悼の意を捧げます




おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-動物
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2021 All Rights Reserved.