1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話




家族

おばあちゃんの戦時中での悲しい思いの手紙

投稿日:




私の母方のおばあちゃんは、いつもニコニコしていて、かわいかった。

生んだ子供は四姉妹。

娘が全員嫁いだ後、長いことおじいちゃんと二人暮らしだった。

そして、おじいちゃんは20年前に亡くなり、そこから17年ほど一人暮らしだった。

おばあちゃんは3年前に亡くなった。92歳だった。

長い間、一人で寂しかったと思う。

でも、いつもニコニコしていて、弱音は聞いたことがなかった。

火葬が終わり、親戚一同で遺品の整理をしている時に、古い手紙の束が見つかった。

母たちは宛名を見て、

「戦時中の父さん(私のおじいちゃん)への手紙だ」

と騒いでいた。

親戚一同で、おじいちゃんへのラブレターみたいなものだと思い、やいのやいのと冷やかした。

私の母がそのうちの一通を音読し始めた。

『○○(おじいちゃんの名前)さんへ。

今日、△△(私のおばちゃん・母の姉の名前)が風邪をひきました。

豪雪で腰まで雪が積もり、電車も動かないので隣町(余裕で10キロ以上ある)まで背負って行きましたが、お医者様はお休みでした。

大事な娘を診てもらう事すら出来ないのでしょうか。

このような戦争は早く終わって欲しいです』

母さん、最後の方、声が掠れて読めなかった。

親戚みんなも泣いてた。私も泣いていた。

そして他の手紙も、全部、全部、娘たちの事ばかりだった。

おばあちゃんが考えていたのは、ずっと自分の子供たち(母達)の事だった。

私は誓う。

もし私の子供が風邪をひいたら、豪雪の中だろうと何十キロでも歩くと。

年を取ったらおばあちゃんみたいな人間になると。




おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-家族
-,

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2021 All Rights Reserved.